2006年12月16日

怖い話、好きっすか? その1

こんばんは。
久々のアップになります。

実は、さっきすでに書いてたんですが
買ってから落ちたことがないパソコンが
落ちてしまい、再度入れなおしております。

書く内容がやばすぎたんでしょうかねぇ・・

ちなみに、あらかじめ言っておきますが
書く内容には責任持てませんのでご了承を・・・

それでは、いきます。

今日は、ネタを探すために

『呪匣(のろいばこ)』なる本を購入しました。

δ??.jpg

そこに書いてあった少し背筋の寒くなる話を紹介します。

以下引用


その1 『nanaco』

 インターネットで自殺したい人間が集まり集団自殺を行う「ネット心中」。ネットの世界にはいくつもそんな掲示板がある。そんなネット心中に何度も参加し、その度に自殺を遂げている女性がいるという。
 名前は『nanaco』。新聞やテレビと様々なメディアに報じられたネット心中事件の数件に参加し、すべてが行われた後、消えているらしい。そんな彼女について、ネット心中に詳しいライターのL氏は話す。
「『nanaco』は人が死ぬ瞬間を見たい幽霊だと言われています。というのも自殺場所や自殺方法、日程など集団で自殺する概要を率先して決めるのが『nanaco』のようなんです。『みんなで死のう』と持ちかけるのも彼女です。彼女は他にも『nanari』、『namico』といったハンドルネームを使っているようです。
 しかし、それは同一の幽霊のようなのです。練炭自殺、ガス自殺、海への身投げ…など、その都度『nanaco』が提案する自殺方法は違います。そして、彼女だけが人数からいなくなっているんです。
 これはコンピュータ幽霊だと思われます。ただただ、人の死の瞬間が見たいという幽霊が存在するんです。
 実際、新聞などを見ると確かに集団自殺を行っても1〜2人は生き残っている。その人たちは嘲笑されて終わり。だが、掲示板で『nanaco』の名前を見たら注意してほしい。今、その瞬間は自殺する気はなくとも、モニターの奥からコンピュータ幽霊が自殺に誘導してくる場合もあるのだから。」


そんなことあるわけ無いじゃん。ってお思いの方。

電気と、幽霊って相通ずるものがあること、知ってました?

エジソンが最後の発明したもの、それって何か知ってます?

エジソンって、死ぬ前の15年間は心霊の研究をしてたらしいです。

『霊界通信機』というものを作ってしまったため、死んでしまったそうです。

しかも、かの有名なつのだじろうの名作『うしろの百太郎』でも書いてありました。

今、失笑した人。そうくると思ってちゃんとした証拠というかもっと信じられることを見つけちゃいました。

この記事は、財団法人 機械産業記念事業財団というところにあった記事です。

TEPIA第10回展示「エジソン生誕150周年記念展」 審議委員のページ

どうでしょうか?少しは信じてもらえました?

そう考えると、上の話でそういう幽霊がいたとしてもおかしくはありませんよね?

ちなみに、今日はここら辺で。




続きを読む
posted by 納豆青ねぎ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

コワイ女(見た後)

こんばんは。
納豆青ねぎです。
(すいません。先週書いたのですが体裁が悪かったので修正しました。ご了承ください)
えー、今レイトショーを終えて漫画喫茶から
書いております。
それでは、この3作品についてのコメントを書きたいと思います。
3作品すべてに当てはまる言葉
「コワイ女」
これがハマっていたかというと。。。
微妙でした。
映画の順番は、
最初に「カタカタ」、次に「鋼」、最後に「うけつぐもの」でした。


三作品の解説とコメントをします。
(あくまでも個人的見解でコメントしているので、個人差が思います。ご了承願います)


「カタカタ」・・・・・★★★××(五つ星中)

良いところ・・・絵とテンポが良かった。
悪いところ・・・ストーリーが最後崩れた。
解せない点・・・主人公が恨まれる筋は解消したのに、何で死なないといけなかったのか。。。(最初に何かがマンションの上から落ちてきて、意識不明になってたらしいんだけど、それが自分だったみたいでついている肉を剥がしたりいろいろ手術したみたい)[現実的に考えちゃうけど、それってありえなくない?司法解剖とかした場合、クローンで培養でもしていないかぎり、その人というのは二つとないんだから・・・]

総称:結局は、加奈子(中越典子)は、運が悪かっただけ・・・みたいな感じでした。死んだ謎はまだ解せないまま・・・絵の作りが雨宮慶太っていう監督はうまかった。それに、この作品が二作目らしいしどっかの呪○を作った監督よりも将来性があると思います。


「鋼」・・・・・★★×××(五つ星中)


良いところ・・・笑えた+脚が良かった(笑)。
悪いところ・・・ある意味コワイ??
解せない点・・・
総称:
この作品は、吉田戦車のマンガみたいにどこかコミカルで笑えた。
ですが、自分の好きな系統からかけ離れてしまっていた。。。
寒くなる映画が見たいです。。。


「うけつぐもの」・・・・・★××××(五つ星中)

良いところ・・・怖そうな雰囲気はただよっていた。
悪いところ・・・パクリはよくないでしょ。
解せない点・・・いくらネタがないからって、リングをパクってたなんてがっかりでした・・・
総称:
呪われた家の人たちの話みたいな感じなのだが、話がとても浅い。
いったい、どうして?っていう疑問をひとつも解消させてくれなかった・・・

posted by 納豆青ねぎ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめ語辞典

こんばんは。
今日は、自分の好きな漫画の中で最近の出世頭、
のだめカンタービレのことを書こうとおもいます。
いつも心霊系のことばかり載せてるわけではないです。
その世界に没頭できる漫画は、とても刺激になります。

本で読んだのだめ語、それを掲載します。

ドラマ、漫画、共にどちらにも出てくるから
参考にして、どちらも楽しめるための参考となってくれれば
幸いです。

(テキスト打ち頑張りました^_^;)  

 
 
<基本編>
 

【ぎゃぽー(っ)/ギャボー(ッ)】

ネガティブな感情からくる驚愕を表す。
千秋からの迫害を受けたときに頻繁に使われる。
迫害、強制への反発心を含む場合が多い

 
 

【ぎゃぽ(っ)】

根深い反発心からではなく、軽い拒絶間を表す。
受けた衝撃を一度やわらげる働きがある。
 

【むきゃー/ムキャー】

登場回数量多。主に怒りを表すが、発音の仕方で、驚愕、喜び、悲しみ、不信など、さまざまな意味を持たせることができる。
活用範囲が広くとても便利。


▼むきゃ/ムキャ
短く発音する場合は特別な意味は持たず、自分を軽くアピールするために使われる。
[類]むきー/むきっ/ムキー
怒りを表すが、むきゃーのように他の意味は持たない。

 

【はうー/はうう…】
HAUU.jpg

達成感を伴う感動、意外なことへの驚き、成り行きが気になる不安、
料理を目の前にしての期待感など、少し複雑な環境に置かれたときの感情を表す。



 

 
 

▼語尾の変化
複雑な感情を表す性質のため語尾変化が多様。
はう…/はうう/はううー/はうううう!?/はうーっ

 
 

【ふおお(ー)/ふおっ/ふああ】
HOO.jpg

ふいな出来事への驚きを表す。ぎゃぼー、むきゃーのようにネガティブな感情は含まない。
単に驚いたか、喜びを伴う驚きにおいて使われることが多い。


[類]ほあお/ほあー/ほわぁ/ほわお
ふいな驚きに、関心、照れ、下心が加わった場合は第一声を「ほ」と発音。


 
 
 
 

 
 
<初級編>

 

【はうん(…)/はうーん(…)】

千秋に発情したとき、料理が美味しいときなど、欲望または快感を抱いたときに使用。
本能に忠実であればあるほど、使いやすくなる性質を持っている。



【うきゅー】

基本的には甘えたい気分を表すが、怯えているときにも使用される。
愛らしさと弱々しさを併せ持つ小動物系の奇声である。 ▼うきゅ
短く発音する場合は、軽い疑問を表すことが多い。


[類]う(っ)きゅっきゅ〜−
優位に立てて得意になった気分を可愛らしく表現している。

 
 

【あへー(…)】AHE-.jpg
はうん同様、発情は快感を表すが、より恍惚感高い場合にしようされる傾向がある。



 

【あう/あうー/あうう】
困難、理不尽、恐怖など、自分の力が及ばない状況に遭遇したときに使われる。

 
 
 
 


 

<中級編>
基本形からの発展進化、もしくは特定の条件でのみ有効。使い方が難しいので十分な理解が必要。(何かRPGの呪文みたいな感じがしてきた…)


 
 
【ぎゃぽの発展形】

GABON.jpg
▼ぎゃぼん

ぎゃぼは瞬間的な驚きに対応するが、ぎゃぼんはその後に続く落胆までを含んでいる。落胆が長引くとぎゃぼーんと発音される。
▼がぼん
ぎゃぼんから、さらに進化。しみじみ心底驚いたときに使う。
   
 

【ぎゃぽーの発展形】

▼ぎゃほー

喜びからくる驚愕を表す。
▼ギャブー
ネガティブな驚愕と至福からの高揚感を表す。
▼ギャブ
短く発音する場合は、むきゃの類義語となる。アピールの度合いがむきゃよりも高い。
▼ぎゃぴー/ギャピー
浮ついた喜びを表す。人を小馬鹿にしたニュアンスを含む場合もある。
▼ぎゃひー/ギャヒー
恐れ、怯えを含んだ驚愕を表す。

 
【むきゃーの進化形】
 

▼ふぎゃー/ぶぎゃー/はぎゃー/ぴぎゃー
拒絶、怒りを含んだ驚愕、または強烈な喜びを表す。
▼ぴぎゃ/ぴぎっ/ぷぎゃ
短く発音する場合は、ぎゃぼの類義語となる。拒絶を含まない驚愕を表す。

 

【もがー】

食物に関する驚愕のみに使用。
狂喜、絶望など強い感情を含む。
ぎゃぼーからの連続活用もあり。

 
 
がぼー】
 

ぎゃぼーの進化形のようだが、単に口の自由を奪われたために、にぶい発音になっただけである。

 
 
おおう(ー)/ほえー】
 
得るものがあったときの驚きを表し、満足感が高い場合に使われる。ほえーは疑問の意味を持つ
 
 

ウキー】

上機嫌であることを表す。人を小馬鹿にしたときに使われることが多い。
[対]うぎ
機嫌を損なわれたとき、その原因となる物(者)への反感を表す。

 
 
 
<上級編>
 
使用頻度は低いが個性は揃いで、強烈な印象を残すことができる。
「ここは!」と思う特別な場面で使ってみると効果的である。

 
 

ほげ/ぼへっ】

極度の緊張を強いられたときや、暴力的な行為を受けたときの驚愕を表す。突然、襲ってきた災難になすすべがなく、されるがままになっている場合に使う。

 

ワホー/ひゃほー】

元気よく人前に現れる瞬間に発せられる。自分に注目を集める目的を持っているので、大きな声で発音すること。ハイテンションのときに使用。

 

ムキュー…】

千秋に怒られて怖かったけれど、かまってもらえて嬉しかった気持ちを表す。複雑な意味を持つため、日本編では一度しか使われなかった。かなり難易度が高い。

 

ほげー/ボゲー】

千秋からのツッコミに対応する場合に使用。ぎゃぼーやむきゃーと使い方が似ているが、反発心など強い感情は含まれずに、ツッコミに対するボケの役目も果たしている。自分でツッコんでボケる場合にも使われる。

 
【ぼきゅー/ぼきゃー】
BOKYU-.jpg








自分の訴えを退けられたり、軽く見られたりした場合に使われる。のだめには珍しい「真面目に怒っている」気持ちを表している。ぼきゃーはぼきゅーよりも真面目度が低い。 



【ぎゃはあ!/ギャハ】

恋する女心が恥ずかしくも嬉しい場合に使用。千秋との距離が遠かった初期では大袈裟に叫んだが、ふたりの関係が進展すると、余裕をかましてハートマーク入りに。

 
 
 
【特別編】
のだめから発せられる奇妙な音(声)。「のだめ語」と間違えやすいので注意!

 

 いびき→ぶごー
咳→ゲハッ
笑い→あヒー/ぶはーっ/ブプー
泣き→おうおう

 

 

日本編において一度しか使われなかったレアな奇声。
これらがマスターできれば、もう立派な「のだめ語」スピーカーである。

 
【だひー】快感を伴う疲労感を表現している。
【ギー】悪事が発覚したときの焦りを表す。
【ぶあー!?】疑問を伴う強烈な驚きを表現。
【にゃひー】偉そうにいい気になっているときに使用。
【ブキィー!!】馬鹿にされたときの悔しさを表す。
【キーキー】暗譜中に使用。意味は不明。
【ふんがふが〜〜】盗った弁当を食べる喜びを表現。